マウスピース矯正(インビザライン)|住之江区の歯医者「ひげた おとなこども歯科」

マウスピース矯正
(インビザライン)

目立ちにくいマウスピースによる快適な歯列矯正

歯並びの矯正はしたいけれど、「周囲に気付かれたくない」「痛みや不快感が強そう」

そのような理由で二の足を踏んでいる方も少なくないかと思います。

当院では、目立ちにくいマウスピースを使用した「インビザライン」をおすすめしております。

こんなお悩みはありませんか?

こんなお悩みはありませんか?
  • 歯並びの乱れがコンプレックスになっている
  • 歯列矯正を受けていることを周囲に気付かれたくない
  • 矯正治療に伴う痛みや不快感が心配
  • 矯正中に虫歯や歯周病になりそう
  • 矯正装置による金属アレルギーが心配

マウスピース型矯正の「インビザライン」なら、これらの不安や悩みを解消することができます。

インビザラインとは

インビザラインとは

インビザラインとは、マウスピース型矯正の一種です。文字通りマウスピースを用いて歯並びの乱れを整えます。透明な樹脂製のマウスピースは、患者さまの歯列にぴったりフィットすることから、装着時の異物感や違和感は極めて小さくなっています。何も装着していないように見えるため、周囲に気付かれることなく歯並びを改善することが可能です。

マウスピース矯正(インビザライン)のメリット
マウスピース矯正(インビザライン)のメリット

インビザラインによるマウスピース型矯正では、次に挙げるようなメリットが得られます。

透明で目立ちにくい

透明な樹脂で作られたマウスピースは、装着していることを気付かれないほど目立ちにくいです。

治療に伴う痛みが少ない

インビザラインは、歯を移動させるプロセスをすべてコンピューター上で管理します。治療に伴う痛みを最小限に抑えつつ、歯を確実に移動させることが可能な矯正法です。

虫歯になりにくい

インビザラインのマウスピースは、食事と歯磨きの際に取り外していただきます。つまり、治療を始める前と同じように、オーラルケアを行うことができるのです。その結果、虫歯や歯周病になるリスクを抑えることができます。食事の美味しくいただくことができます。

装置のトラブルが少ない

矯正用のマウスピースは、装置が外れたり、故障したりすることはまずありません。誤って破損してしまったとしても、すぐに複製することが可能です。

金属アレルギーのリスクがない

インビザラインのマウスピースには、金属が含まれていませんので、金属アレルギーのリスクもゼロとなります。

歯や顎への負担が軽減される

マウスピースには、歯や顎にかかる圧力を緩和するクッションとしての作用が期待できます。治療中に歯が摩耗したり、顎関節症を引き起こしたりするリスクが軽減されます。

頻繁に通院しなくてよい

インビザラインによるマウスピース矯正なら、2ヶ月に1回程度の通院で、治療を進めていくことができます。

その他の治療法との比較
マウスピース型矯正 ワイヤー矯正 裏側矯正
見た目
取り外し
治療に伴う痛み ○少ない
金属アレルギー ◎リスクはゼロ
お手入れ
費用 ✕やや高い

※表は左右にスクロールして確認することができます。

インビザラインで歯が移動するメカニズム
インビザラインで歯が移動するメカニズム

インビザラインでは、1~2週間に一度マウスピースを交換することによって、歯を移動させていきます。1ステージの移動量は、150ミクロン(0.15mm)~250ミクロン(0.25mm)程度なので、ゆっくりと確実に歯を移動させるのが特徴です。

歯にかける力や移動速度は、コンピューターで厳密に管理されていることから、シミュレーション通りに歯並びを良くすることができます。

iTero element(アイテロエレメント)とは

iTero element(アイテロエレメント)とは

アイテロエレメントとは、インビザライン専用の3Dスキャナーです。お口の中にかざすだけで、精密な歯型のデータを得ることができます。

従来法では、シリコン素材による歯型取りが必須であったため、不快な思いをされていた方も多かったことでしょう。その点、アイテロエレメントであれば、スピーディーかつ快適に歯の型取りを行うことができます。撮影したデータは、瞬時にアメリカへと送られることから、マウスピースの製作期間も短縮されます。

iTero element(アイテロエレメント)の特徴
不快な型取りが不要

印象材による不快な歯型取りが不要となります。

スキャンにかかる時間は10分程度

口腔内スキャンにかかる時間は10分程度ですので、心身への負担も軽減されます。

瞬時にデータ化することができる

アイテロエレメントによるスキャンでは、瞬時に利用可能なデータへと変換することができます。

マウスピース製作の期間を短縮できる

従来法のように歯型をアメリカへ輸送することが不要になるため、マウスピース製作にかかる期間も大幅に短縮すること可能です。

インビザラインの治療費用

  費用
相談 0円
精密検査 30,000円(税別)
装置費用 650,000円(税別)
調整料(2か月に1度) 5,000円(税別)
保定装置 20,000円(税別)
院内分割について
院内分割
装置費用
650,000(税別)
支払い回数(4回) 治療開始時:350,000円(税別)
2回目以降:100,000円(税別)
提携医院について

当院はインビザライン専門医である「神保町タワー歯科・矯正歯科」院長の越智先生とも提携し、複数ドクターで確認しながら矯正治療を行なって参りますので、安心して治療を受けることが可能です。

iTero element(アイテロエレメント)とは

to top